プロテクションフィルム施工後の注意点

プロテクションフィルム施工後の注意点 プロテクションフィルムは、傷や汚れ、飛び石、荷物の出し入れや乗車時などのさまざまな外的要素から車の塗装面を保護してくれる特殊フィルムのことです。当初は携帯電話やカーナビゲーションの画面保護を目的にその技術が使われていましたが、近年その技術を使って自動車用の商品として開発されたフィルムがプロテクションフィルムです。
なお、フィルム自体のuv保護は最小限の仕様になっているのが基本なため、施工後に塗装面とそれ以外の部分の色味の差は基本的に発生しにくい傾向にあります。ただ、プロテクションフィルム自体の貼り付けの目的はあくまでボディの保護です。そのため、結局のところ貼り付けたところと貼り付けていないところで色味の違いは多少発生する点には注意が必要です。ボディーの保護という観点からはプロテクションフィルムの耐久は5年ほど保証されていますが、変色や?がした際の糊の残りなどを避けたい場合、2から3年で貼り替えるのが無難です。

普及し始めているプロテクションフィルム

普及し始めているプロテクションフィルム 大切な愛車を保護する方法としては、コーティングが代表的です。被膜を形成し、ボディを守るというものですが、実はそれ以外にもプロテクションフィルムという選択肢も登場しています。これは特殊なフィルムでボディを覆うというもので、徐々に普及し始めている人気の施工です。
プロテクションフィルムの大きな特徴は、後からでも剥がすことができる点です。それによって新車時の状態に戻すことができ、剥がす際に塗装を傷める心配もありません。劣化をした場合でも貼り換えをすることによって、また新たにボディを保護することができますし、車を売却する際にも剥がしてキレイな状態で査定に出すといったことも可能です。保護性能に優れているため、しっかりとボディを守れるのもメリットでしょう。飛び石などでボディに傷が付いてしまうことがありますが、そうしたトラブルから保護してくれることで、愛車をキレイに保ちやすくなります。フィルム自体は透明度も高く、貼り付けている姿も自然です。