プロテクションフィルムは部分的にも施工できる

プロテクションフィルムは部分的にも施工できる プロテクションフィルムはドアノブやサイドシェル、トランクなど、乗員の手や足が触れる部分にも施工することができます。
柔軟性が高いので曲面部にもシワなく綺麗に貼ることができ、伸縮性にも優れているのでミラーやウイング、フェンダーなどの傷が付きやすい部分にも最適なアイテムです。
また、ウォータースポットの原因となる雨染みや樹液などの汚れを落とす際に擦ってしまうようなしつこい汚れを防止するだけでなく、黄ばみや白濁が少ない耐候性の高いフィルムを採用しているので淡色ボディでも目立つことなく使用することができます。
さらには塗装の紫外線によるダメージも減らしてくれるので、艶や美しさをキープすることができますし、プロテクションフィルムは3年という時間が経過しても硬化しにくく、5年が経過しても綺麗に剥がすことができるほどの高い耐久性を誇っているので、一度施工すれば長い期間さまざまな外的ダメージから愛車を保護できるといえます。

クルマを傷から守るオプションパーツのプロテクションフィルム

クルマを傷から守るオプションパーツのプロテクションフィルム プロテクションフィルムは、クルマのボディを傷から守るためのオプションパーツとして人気があります。
ラッピングフィルムと似ているので誤解されがちですが、ラッピングフィルムはボディを傷から守ることが第一の目的ではなく、ボディカラーを変えたり、美しい輝きを与えることを第一目的に開発されています。
その上で副産物として、傷を付きにくくする効果も期待できます。
それに対してプロテクションフィルムの第一目的は、傷からクルマのボディを守ることにあり、ボディカラーを変えたり、艶を与えたりすることが第一の目的ではありません。
そのためラッピングフィルムよりもやや厚みがあり、近くから見るとフィルムが貼られていることがわかることもあります。
しかし、その分物がぶつかった時の衝撃吸収能力は高く、小さな小石がぶつかってもボディに傷がつくことはありません。
フィルム自体には傷がつきますが、時間が経過することで元の状態に戻ります。