使用するメリット・デメリット

使用するメリット・デメリット プロテクションフィルムは、車の表面に張り付けて外的なダメージから保護するものです。
車は速いスピードで走行していると、小さなゴミが当たるだけでも傷が付く可能性があります。
そして他の車が巻き上げることで、空気中にそのゴミが舞っていることは多いです。
プロテクションフィルムはその傷が付くリスクを下げ、施工そのものは専門家に任せることになりますが、基本的には透明なので正しく施工が行われれば見た目への影響はあまりありません。
愛車のきれいな状態をなるべく維持したいという時に適しています。
メジャーな車種であればあらかじめデータを元に作成されているため、コストが抑えられる可能性もあります。
ただそのプロテクションフィルムを長期間使用していると、素材次第では主に紫外線によって黄色く変色するかもしれません。
また必要でなくなった時には簡単に剥がせるのが強みのひとつですが、定着力が高すぎた場合は貼り付ける際の糊が残ることがあります。

傷付きやすいフロント部分のプロテクションフィルム

傷付きやすいフロント部分のプロテクションフィルム プロテクションフィルムを貼る箇所として人気が高いのは、前方を走るクルマから飛び石が飛んできて傷がつきやすいフロント部分です。
ボンネットやフェンダー、バンパーやフロントガラスなどにも施工が可能です。
小石が飛んできた場合、プロテクションフィルムには傷がつきますがボディは守られます。
そして、一旦傷がついてプロテクションフィルムは自己修復力があるために、しばらくすると傷が消えてしまいます。
このような素晴らしい効果は3年が経過しても失われることがありません。
ただ、品質が悪いものは黄色く変色してしまうことがあるので注意が必要です。
また、ボンネットやフェンダーの部分だけにプロテクションフィルムを施工することは可能なのですが、ドアやルーフとの色合いが変わってしまうので、ボディ全体を施工する方が多いようです。
フィルムには艶ありと艶なしがあり、好みに合わせてチョイスすることができます。
フィルムの上からさらにコーティングすれば、なお一層輝きをアップさせることも可能です。