ペイントプロテクションフィルムとは

ペイントプロテクションフィルムとは ペイントプロテクションフィルムとは、PaintProtectionFilmの略で自動車塗装保護フィルムです。
最先端技術で開発されており、透明な特殊ポリウレタンフィルムを自動車のボディーに貼ると言う使い方が一般的ですが、近年ではフィルム式以外にもスプレータイプのものも存在します。
このプロテクションフィルムを使う事で、飛び石や洗車による傷やネコの爪痕や鳥のフンと言った様々な外的な要素から自動車を守る効果が便利な点です。
自動車の表面保護や傷の防止をするだけでは無く、日光や時間の経過によって色が焦ると言う問題も防いでくれます。
使われるプロテクションフィルムは、柔軟性と伸縮性が優れた作りです。
ほとんどの種類の自動車のどの部位にも貼り込む事が出来て、貼っているのが分からない仕上がりになっています。
またこのプロテクションフィルムはボディ以外でも、フロントウィンドウを覆う事も出来るのが嬉しいポイントです。

愛車のリアバンパーを守るプロテクションフィルム

愛車のリアバンパーを守るプロテクションフィルム 愛車にキズをつけたくないと思ったときに使うのがプロテクションフィルムです。
プロテクションフィルムは伸縮性があり、透明な特殊なポリプロピレンのフィルムを貼り付けることで愛車をキズから守ります。
しかし車全体に貼るとなるとお金がかかりますので、キズが付きやすいところに貼る人が多いです。
例えばトランクに荷物の積み下ろしをするときに意外と傷つけてしまうリアバンパーなどがそうです。
重たい荷物を下ろしたりするときにうっかりぶつけてしまうと、すぐに傷がついてしまうのですが、プロテクションフィルムを張っておけば大丈夫です。
フィルムの装着の依頼はプロテクションフィルムを取り扱っている施工業者に依頼すれば貼ってもらえますし、リアバンパーは自分で通販で購入し、張る人もいます。
フィルムの寿命は耐久年数は5年ほど、糊の劣化などを考えると2~3年ほどで交換するのがいいでしょう。
貼っても目立ちませんし、はがすことができるので安心です。